特別にやることがあるんだよ

大家さんになる方、大家さんができる方には、「特別にやることがある

私は考えています

 

特別にやることとは?

大家さんになると、人助けができるようになります

入居を希望される方は、

この部屋に入居できれば、通勤・通学がしやすくなる

この部屋に入居できれば、快適な生活ができるようになる

と思って入居を希望されます

時には、生活をやり直すために入居を希望する方もいらっしゃいます

そのような希望を抱いて入居を希望する方であっても、

大家さんが入居を断ってしまうと、その方は入居できなくなってしまいます

 

不動産屋さん(仲介業者)が扱いにくい大家さんとは?

不動産屋さんが扱いにくいと考えている大家さんには特徴があります

それは、入居する方を区別する大家さんです

高齢者だから、収入が少ないから、保証人がいないから等の理由で

入居を断る大家さんがいます

不動産屋さんは、入居希望者をご案内しても、大家さんがいつも区別して、

断ることが多くなると、不動産屋さんはその大家さんの物件を紹介しづらくなります

 

リスクを考えるのも大切だけども

不動産の中に、入居者のリスクというものがあります

事故物件になるリスク

家賃滞納のリスクなど、

入居者に関するリスクを考え過ぎると、

不安になり入居者を快く受け入れにくくなります

意識し過ぎると、区別する大家さんになってしまいます

 

不動産の最大のリスクを考えよう!

不動産の最大のリスクは、空室であること

不動産をする方にとって、これは基本中の基本であります

大家さんが区別する⇒不動産さんが紹介しづらい⇒空室が続く

と負のスパイラルになります

私も、生活保護を受けられている方、保証人がいない方、高齢の方など、

さまざまな方を受け入れています

確かに初めは不安が大きかったですが、

不動産屋さんは何が不安なの?という感じで、

入居する方を応援しよう!という感覚で話が進んでいきました

 

大家さんは人助け

入居を希望する方を受け入れたとき、私は感じました

大家さんって本当に素晴らしいことができる人に成長させてくれるんだと思いました

この話が分かっていただける方は是非大家さんになって

人助けをしていただきたいと考えています

そして、この話がわかるということは、大家さんとして特別に

やることがある方だと感じています

 

まとめ

  • 大家さんになると人助けができるようになる
  • 入居者を区別し過ぎると空室が続く
  • 人助けができる大家さんは素晴らしい人

 

以上です