LION MEDIAでブログ構成変更しました!

成功するには徳を積むこと

成功するには徳を積むこと

成功するには、「」が必要です。

この運をよくする方法が、「徳を積む」ことと繋がっています。

 

徳とは?

徳を証明してください!

どれくらい徳が積まれているか見てください!

そう言われても、把握できないのが「徳」なのです

 

いきなり訳の分からない話になりましたが、

徳って、目に見えないものであって、基準が無く計ることが出来ないものです

 

そのため、とても説明が難しくなってしまうのですが、

簡単に言うと、徳とは、「良い事をしてきた貯金」と無理やり解釈しています

 

世の中で良い事(いやらしいことではないですよ・・・笑)をすると、

どこかに貯金されます

 

その貯金を重ねていくことを、徳を積むといいます

 

徳ってどれくらい大事?

この目に見えない徳ってどれくらい大事なのかと言うと、

生きている中で、二番目に大事と言ってもいいと思ってます(一番は当然命ね)

 

徳が無ければ、「お金」にも恵まれませんし、

」にも恵まれなくなってしまします

 

そうすると、全てが上手くいかなくなってしまい、

何のために生きているのか?生きている意味が見出せなくなったり、

人生が楽しくない!ってなってしまうかもしれません

徳って本当に、影響力が大きいので大切です

 

徳はどのようにしたら積めるのか?

生きていく中で大切な徳は、「人知れず良い事をする」ということをすると積むことができます

この、人知れずというところが、ポイントになります

 

例えば、世の中の誰かの助けになると思い、募金をします

この時に、私が募金をしました!と名乗り出ると、徳を積むことが出来ません

募金をしたけれど、募金したことも忘れて、誰かの助けになってね!

と思うと、それだけで徳を積むことができます

 

募金だけでなく、

ごみを拾って綺麗にする

困っている人に声をかかえて助けてあげる

笑顔で過ごすことも、徳を積む行為になります

 

徳を積むとどのようなことが起きるのか?

徳を積んでいくと、「運」がよくなります

不思議なことが起きたり、順調に物事が進んだりします

 

周りの接する人が、変わってきて気づく場合もあります

人に恵まれて気づく場合もあります

 

その際にも注意したいのが、「運」が早くよくならないかな?

と思いながら、徳積みを行わないことです

 

やったことの見返りも考えず、

やったことの期待もせずに人知れず徳を積むということをすることが、

徳を積むということの本質です

 

まとめ

  • 徳とは、「良い事をしてきた貯金
  • 徳を積むことは、生きている中で、二番目に大事なこと
  • 人知れず良い事をする」ということをすると徳を積むことができる
  • やったことの見返りも考えず、やったことの期待もせずに行うこと

 

以上です

 

 

マインドカテゴリの最新記事