LION MEDIAでブログ構成変更しました!

不動産投資には2つの道がある

不動産投資には2つの道がある

不動産投資をするにあたって、ある程度自分の方針を決めておくと、

不動産の購入もためらわずに行うことが出来ます!

不動産購入には2つの道」があり、

どちらの道を進むか決めておくことが必要です!!

 

2つの成功の道とは?

1つ目の道は、銀行の融資を受けて、1棟もの物件を購入する

メリットは、一気に家賃収入を増やすことが出来る

デメリットは、失敗した際に、借金、破産のリスクがある

 

給与収入により銀行の融資を受けれない場合もあり、

上級者向けの投資方法となります

 

2つ目の道は、自己資金から、区分不動産を購入する

メリットは、無借金で家賃収入があり、借金、破産のリスクは無く、

個人属性が良くなる

デメリットは、成功までの道のりが長くなる(時間がかかる)

初級者~上級者まで通用する投資方法となります

 

要するに借金をするか、借金をしないかの違い

「不動産投資で、家賃月収数百万円稼いでいます」

「家賃年収何億稼いでいます」と言う人のほとんどは、

銀行から融資を受けて、レバレッジを効かせた不動産投資をしています

 

融資を受けて不動産投資をしている人の収支の内訳は?

イメージしやすいように、まずは融資を受けて不動産投資している人は、

 

家賃年収(満室時)  :  2億4000万円

銀行への返済(年間) :    9400万円

純家賃年収      :  1億4600万円

 

このような収支状態であり、

年間、約1億円の返済を行っています

(12棟所有で計算しています)

 

融資を受けずに不動産投資をしている人の収支の内訳は?

融資を受けずに不動産投資している人の収支の内訳は、

 

家賃年収(満室時)  :  432万円

銀行への返済(年間) :     0円

純家賃年収      :  432万円

 

このような収支状態であり、

返済額は0円になります

(12戸所有で計算しています)

 

管理人はどちらの道を選んだのか?

私管理人は、2つ目の道、融資を受けずに自己資金で不動産を購入する道を選びました

 

借金するのが嫌でしたし、破産のリスクを背負いたく無かったからです

合わせて、個人属性を良くしたかったからです

 

個人属性が良くなるとどうなるの?

個人属性が良くなると、銀行からの融資が付きやすくなります

融資を受けて、1棟もの物件を購入し、一気に成功者に駆け上がることも出来ますし、

そのまま、融資を受けずに、無借金で家賃収入を貰い続けることも出来ます

 

おすすめは?

私のオススメは、やはり2つ目の道、自己資金からのスタートです

どちらでも、成功につながりますが、

とにかくリスクを少なく、小さく始めて大きく育てる

ということを意識していたため、この投資方法を選びました

 

自分がどのように成功していきたいかを思い描くことは重要です

 

自分はどの道を選ぶのか?

不動産投資を始める前に決めておいて下さいね!

 

まとめ

  • 融資を受けて不動産投資する方法と、無借金で投資する方法を選べる
  • それぞれにメリット・デメリットがある
  • 個人属性をよくすると銀行融資が付きやすくなる
  • おすすめは、無借金で出来る区分不動産投資

 

以上です

 

 

兼業大家になるにはカテゴリの最新記事