LION MEDIAでブログ構成変更しました!

区分不動産投資のメリット6「リスクが分散できる」

区分不動産投資のメリット6「リスクが分散できる」

区分不動産(マンションの一室)のメリットを紹介していきます

区分不動産投資のメリットその6「リスクが分散できる

 

不動産に潜むリスクとは?

リスクという言葉を聞いたことがありますか?

何をするにも、今はリスクという言葉が定着してきたぐらい、リスク管理というのは重要視されてきています

不動産のリスクにはどのようなものがあるか、みていきます

 

① 空室リスク

これは言葉の通りで、購入した不動産に入居者が居なく、空室になっていることです

空室になれば、当然、家賃収入が入らないため、利益は上がらない

利益が無い場合でも、月々の管理費や修繕積立金の支払年間の固定資産税や都市計画税というランニングコストは容赦なくかかってきます

空室⇒利益が無い⇒投資額の回収及び、投資額以上の回収ができない⇒投資対象としての魅力が無くなるという、負のスパイラルに陥ってしまう

不動産投資において、空室は何としてでも避けなけらばならない事である

 

② 風評被害リスク

災害などで甚大な被害があった場合に、入居者が出て行ってしまったり、

何か事件が起こった場合に、次の入居者に対して、こういう事象が過去にありましたと説明する義務が生じます(残念なことに室内で天国に旅立たれてしまった場合など)

上記のような事があれば、入居者が決まりにくく、空室が続くことが考えられます(この説明は次の入居者だけでよく、後々の入居者には説明不要です)

一度悪い評判が立ってしまうと、建物全体がいつまでも風評被害にさらされることになります

 

③ 流動性低下のリスク

売る人がいないと買えない、買う人がいないと売れないのが、不動産です

株式のようにクリック一つで、すぐに決済が出来るわけではありません

不動産の売買では、買主さんと売主さんに対して、重要事項説明書の内容確認とサイン、契約書の内容確認とサイン、決済日(お金の支払日)の決定など、お互いの日程調整が必要になる

買い手が、銀行融資を受けてローンで購入するとなると、さらに売買には時間を要する場合もあります

私も最長で、売主さん都合により、購入まで3カ月かかってしまった場合もあります

合わせて、金額が高額になってくると相手方も慎重になってくるため、流動性がより低くなっていくリスクがあります

 

④ 金額が大きいリスク

不動産投資は取引金額が大きいので、万一失敗してしまった場合に、容易にリカバリーがしにくくなってしまいます

特に融資を受けて購入する場合、長期間返済の債務を負い続けることもリスクになります

金利が変わったり、急な出費があった場合に、返済が滞り、物件自体を手放すという結果になる場合もあります

手放すだけならいいが、債務を負って手放すということも考えられます

扱う金額が大きくなればなるほど、いろんなところにリスクが生じてきます
以上の4つが、不動産に潜むリスクです

 

それぞれのリスクを抑えるには?

それぞれのリスクを抑えるためにどうすればいいのか?

また、区分不動産のメリットを活かすことが出来れば、どのようにリスク回避出来るのか?を見ていきます

 

①空室リスク」に対しては、立地のいい物件、需要がある物件を購入して、入居者の確保をしやすい状況にもっていくことが出来れば、ほぼリスクを抑え込むことが出来ると考えられる

区分不動産は立地がいい物件や、需要の多いワンルームタイプが多いため、このメリットを活かして、管理が行き届いている物件を購入出来ればリスクを抑えることが出来ます

 

②風評被害リスク」に対しては、防ぎようがないところがあります

対応策としては、物件を複数持つことでリスクを分散する方法が考えられます

区分不動産なら、いろんな場所のいろんなタイプの物件を購入することが出来るため、リスク分散がしやすいし、戦略的には優れている投資になります

 

③流動性低下のリスク、④金額が大きいリスク」に対しては、価格の安さで抑え込むことが出来ます

何といっても、価格の安さと言うのは最大の武器になる

区分不動産は、100万円台から購入することが可能なため、融資を受けずに購入できる人の割合も多くなる
そうなると、低価格の区分不動産を購入することが出来れば、リスク③と④についてはほぼ考えなくてもよくなります

 

こういった点を踏まえると、やはり区分不動産というのは、リスクの分散がしやすい投資法になり、それがメリットにもなると言えます

 

まとめ

  • 不動産のリスクは、空室、風評被害、流動性、金額が大きいというリスクがある
  • それぞれのリスクを抑えるには、立地、需要のある地域に投資、分散投資、価格の安いものを選ぶことである

 

以上です

 

 

兼業大家になるにはカテゴリの最新記事