優良物件を選ぶのも当然だけど、客付け力のある不動産屋さんを味方に付けることも同じぐらい大事!

不動産は儲かるし、不動産をすることによって得るものもある!

ということを書かせていただきましたが、「関連記事⇒不動産は儲かるの?

儲かる物件を買うことはもちろんのこと、満室経営をすることも大事です

 

満室経営をするには?

いい物件を購入しても、入居者がいなければ、月々のランニングコストがかかるだけで、収入にはつながりません

物件を買ったら、入居者の募集も同じぐらい大切になります

入居者の募集を行うには、不動産屋さんの協力が必要です

たくさんの不動産屋さんに入居者募集を出すのも一つの方法ですが、

客付け力のある不動産屋さんに絞って入居募集を出すのが一番の近道になります

私も募集をお願いしている不動産屋さんは一つに絞っています

あわせて、管理、修繕もお願いしています

すると、現状の部屋の状態を把握出来ているため、すぐに入居の案内を行うことができますし、不動産屋さんにもここが空いているということを意識付けすることが出来ます

この意識付けが非常に重要だと感じています

例えば、内見を希望している人に、希望している部屋の他に、

ここも空室でご案内が出来ますよ!と提案されやすくなりますし、

内見の帰りに、もう一部屋見ていきませんか?と案内してもらうことが出来るため、

空室になる期間を極力少なくすることが出来るようになります

満室経営をするには、客付け力のある不動産屋さんに協力をしてもらい、管理、修繕も併せて行ってもらい、不動産屋さんに募集を意識付けしてもらうことが大切です

 

格付け力のある不動産屋さんを選ぶには?

客付け力の不動産屋さんを選ぶには、自ら足を運んで、不動産屋さんを見て回るのが一番だと感じています

見るポイントとして

  • お客さんが多い
  • 不動産の案内をする方が話上手
  • 高齢の方や社会からの支援(生活保護など)を受けている人の入居を受け付けている
  • 長年不動産業を行っている

ところがポイントだと考えています

お客さんが多いことは、入居を希望する人が多いこと、管理している人(家賃を持ってくる人)が多いことに繋がり、客付け力が強いと判断できます

話上手だと、セールスが上手いため、入居を決めやすくなります。店員さんに勧められて物を買ってしまったという経験があると思います。それと同じようなことです

高齢や社会からの支援を受けている方を募集している場合、弁護士や福祉協議会、病院からの依頼を受けている可能性が高いです。そういう方の入居希望も受けているため、絶えず入居希望の方を斡旋してもらえるため、入居希望の多い不動産屋さんだと言えます

長年不動産をやっているかを把握するには、免許番号の()内の番号を見るとわかります。・・県(●)・・・となっている()内の番号が9に近いほど長年不動産をやっているという証拠になります。免許の更新があるたびに、この数字が増えるようになっています(MAXは9)

 

以上のことを考慮して客付け力のある不動産屋さんを判断することが出来ます

いい物件を買うのはもちろんのこと、客付け力のある不動産屋さんを選ぶことは、空室リスクを抑え込むために、同じぐらい大切になります

 

まとめ

  • 不動産には、儲かる物件を買うことと、満室経営が必要
  • 満室経営をするには、不動産屋さんに意識付けをさせること
  • 客付け力のある不動産屋さんにはポイントがある
  • 客付け力のある不動産屋を選ぶと、空室リスクを抑えることが出来る

 

以上です