LION MEDIAでブログ構成変更しました!

兼業大家の確定申告2(申告ソフトの導入)

兼業大家の確定申告2(申告ソフトの導入)

※確定申告に関することは、自己責任にて行ってください申告に関するトラブル等(申告ミスによる追徴金の支払等)についても、一切の責任を問われません

※確定申告は、その年の1月1日~12月31日までの収支を、翌年の、2月16日あたり~3月15日あたりまでに、決算書等の郵送書類に記載又は、e-Tax(国税電子申告・納税システム)にて、提出をしなければなりません

 

確定申告ソフトの購入

低価格で使いやすい、みんなの青色申告をおすすめしています

 

 

ソフトをインストールしてユーザー登録

インストールが完了し、ソフトを起動すると、ユーザー登録を促す案内が出るため、必ず登録しておく(サポートを受けるため)

 

事業所情報を入力する

業種別のテンプレートを使用する(推奨)を選択する

不動産業(個人)を選択する

「事業所名」「会計期間」「消費税申告」等を入力する

事業所名は、氏名

会計期間は、H●●/01/01~H●●/12/31

消費税申告は、免税を選択する

消費税申告は、前々年の売上が、1000万円を超えた場合に納付しなければならない。不動産投資を始めたばかりでは、そのようなことは無いため、免税になる

事業所情報を入力する

消費税情報を確認する

その他を確認する

初期設定が完了する

※勘定科目等の追加登録及び、開始残高設定を行わなくても、決算書等の作成が出来るため、説明は省略する(開始残高設定が出来る場合行ってください)

 

続いて、兼業大家の確定申告3(物件を購入した場合の入力)です

 

☆確定申告関連の記事はこちら↓↓

 

 

 

 

兼業大家になったらカテゴリの最新記事